新強震モニタを公開しました

2013年10月15日より、強震観測網K-NET、KiK-netの地震計で観測された日本全国の今の揺れの情報と、気象庁の緊急地震速報による予測情報(P波・S波到達予想円、予測震度分布)を重ねて可視化し配信する、新強震モニタを公開いたしました。昨年度実施いたしました新しい強震モニタの提供実験を受けて、開発を進めた強震モニタとなります。

新強震モニタは直接こちらからご覧いただくか、強震観測網トップページのリンクよりご覧ください。

新強震モニタの機能を簡単にご案内します。より詳細にはこちらをご覧ください。

  • 通常時の新強震モニタ

  • 緊急地震速報受信時(震源が150 kmより浅く、最大震度3以上またはマグニチュード3.5以上等と予想された場合)

  • 緊急地震速報受信時(最大震度が5弱以上と予想された場合)