2013年4月13日淡路島付近の地震

2013年4月13日午前5時33分頃,淡路島の深さ15km付近において,M6.3 (Hi-net暫定値)の地震が発生し,兵庫県淡路市で震度6弱を観測したほか,東海地方から九州地方の広い範囲で有感となりました。 この地震は東北東―西南西方向に圧縮軸をもつ逆断層型のメカニズム解を示し,この地震に伴う余震は北北西―南南東に走向をもつ西傾斜の分布を示しています。

この地震による強震動については,こちらをご覧ください。また,この地震に関するより詳細な情報については,特集ページ(Hi-net)もご覧ください。

図1:深さ20km以浅で発生した地震の震央分布図(黒丸)。 左図は,2013年4月13日5~14時の震央分布(Hi-net暫定値)。 青丸は,本震の震央を示す。 右図は,2002年1月~2013年3月のHi-net定常処理による震央分布。 左図上部に,本震のメカニズム解(Hi-net初動解およびF-netモーメントテンソル解)を示す。  緑三角は地震観測点を,赤線は活断層の位置を示す。

 

図2: 図1左図の震源を,図1のA-A’およびB-B’鉛直断面に投影した図。 本震を青丸で示す。

 

図3:図1の灰色四角内に示した震源のMT図。 上段は2013年4月13日5~14時,下段は2002年1月~2013年3月の期間の地震を示す。

謝辞:本資料の震源計算には,防災科研Hi-netのほか,気象庁,東京大学,京都大学,産業技術総合研究所等のデータを使用いたしました。
記して感謝いたします。